ジオリファレンス(Georeference)

 ジオリファレンスとは、位置情報をもたない画像データに、緯度経度などの情報をあたえてやることです。
 たとえば、古い航空写真や紙の地図をスキャンした画像データを、標高データとかさねて3D化(立体化)したいときがあります。また、衛星データとかさねたいこともあります。
 しかし、画像編集ソフトなどでかんたんにかさねることはできますが、正確な位置合わせはできません。古い航空写真や紙の地図は、たとえ表示されている橋や建物、三角点などの位置関係が正確であっても、北緯〇〇度、東経〇〇度といった位置情報がないからです。

 おなじエリアの位置情報をもった衛星データがあれば、それと照合しながら位置合わせをすることにより、緯度経度などの情報を付加することができますす。これにより貴重な航空写真や古い地形図なども、3D化(立体化)することができます。

用意するもの
衛星画像データ(位置情報:緯度経度を持っているもの)
航空写真、地図、その他(位置情報を持っていないもの)
標高(表面)データ(DEM、DSMなど)


ジオリファレンスの作業

QGISを起動
「メニューバー」の「プラグイン」をクリック。

プルダウン・メニューから「プラグインの管理とインストール」をクリック

「インストール済み」に、「GDALジオリファレンサー」があることを確認。
(ない場合は「インストールされていないプラグイン」をひらき、インストールします)

「インストール済み」の「GDALジオリファレンサー」にチェックを入れる(チェックボタンがとても見えずらいので注意)

「インストール済み」パネルの中から「座標キャプチャ」を選び、チェックを入れます

QGISの「メニューバー」の「ラスタ(R)」をクリック

「ジオリファレンサー(G)」から「ジオリファレンサー(G)」へと進む

「ジオリファレンサー」の画面が出ないときは、メインメニューの「ビュー(V)」をクリック

プルダウンメニューの「パネル」、「ジオリファレンサー」をクリック



 デュアルディスプレイを使える環境なら、一方にQGISのメイン画面を表示、もう一方に「ジオリファレンサー」を表示するのがベストです。
でもデュアルディスプレイを使えない場合の方が一般的でしょう。さらにノートパソコンで作業するケースも多いと思います。その場合は、一つの画面内に、QGISのメイン画面と「ジオリファレンサー」を並べて表するとよいでしょう。
「ジオリファレンサー」ウィンドウのツールバー(「ジオリファレンサー」という表示だけの部分)をダブルクリック。「ジオリファレンサー」がメイン画面の下の部分に入ります。
もう一度ダブルクリックすると、また別のウィンドウになります。
 そこでツールバーのところをクリックして、メイン画面の右、あるいは左にドラッグします。
すると、右あるいは左にグレーのスペースができ、マウスから指を離すと、「ジオリファレンサー」のウィンドウがドロップされます。
ジオリファレンスの作業を一つのディスプレイだ行うとき、こうすると位置情報を持っている衛星画像データと、位置情報を持っていない航空写真等が並ぶので、設定がやりやすくなります。