もっともっと衛星データを!

もっともっと衛星データ(1)

「ALOS(だいち)」は、こんな衛星でした。

 衛星による軌道上からの地球観測データについて、まだピンときていない学生がけっこういるので、わかりやすい説明を用意しました。
 地球観測衛星「ALOS(だいち)」は、2011年3月11日の東日本大震災で、被災状況確認にフル活用されたあと、5月12日に電力異常で運用が終わりました。寿命をうわまって働きつづけた”いい子”です。いまも「ALOS(だいち)」によって取得されたデータは、さまざまな分野でつかわれています。

 ただ、利用の範囲がまだまだせまいように思います。いわゆる専門家による利用がほとんどで、一般の人々にまではひろがっていません。ホントは、ちょっと学習すれば誰でもつかえる便利なデータなんです。

 たとえばこの画像は、「ALOS(だいち)」によって取得された地上のデータで、現代の景観を3次元で構築し、そのうえに古代の景観を再現したものです。だから遠方の山並みや周囲の景観も正確です。(埼玉県日高市の巾着田)
高麗郷_古代・現在
 これらをもとに、川の蛇行の変化や地殻変動の影響などをくわえて修正してゆくと、各時代における地形を、より正確に再現できるでしょう。歴史地理の研究にはもちろんですが、地域のPRやエンターテイメントにも活用できます。
 このCGは、例によって諏訪の後藤克典さんにお願いしたものです。
 動画は、本Webサイトの「図書室」→「Movie Gallerly」にあります。こんな使い方がるのか、と思っていただけはずです。

 本文も、ぜひごらんください。


ALOS(だいち)」は、こんな衛星でした。
(図1)画像をクリックすると、Movie Gallerlyにジャンプします。そのなかの「ALOS展開」をクリックしていただくと、Movieがスタートします。
ALOS展開
図1

 ALOS(だいち)には、3つのセンサーが搭載されていました。Movieをよくごらんいただくとおわかりになると思いますが、以下のようなものです。
1)AVNIR-2 (太陽が地表を照らすと、いろんな反射光が生じます。そのうちのいくつかの波長をキャッチします)
2)PRISM  (地上からの可視光を、前方視、直下視、後方視でとらえる、モノクロのセンサーです)
3)PALSAR (地上に向けてマイクロ波を発射し、その反射により地表面をとらえるレーダーです)

PRISMというセンサー


 ALOSの特徴的なセンサーは、PRISMでしょう。前方視、直下視、後方視の3つのカメラ(センサー)で、地表面からの反射をとらえます(図2)。これも画像をクリックしていただいて、Movie Gallerlyでごらんいただくと、わかりやすいと思います。

ALOSの飛行
図2

 ALOS(だいち)は、北極と南極の上空付近を通過する高度700kmの軌道を飛行します。軌道は一定ですが、地球が自転しているので、全球のデータを取得することができます。

 その結果、地上の細部をとらえることができ、非常に制度の高いデータとなります。これを、地表データDSMといいます。いわゆる標高データ(DEM)とはことなり、衛星データを3次元化するときには、たいへんに役立ちます。DSMとDEMのちがいは、図3にあるとおりです。

DEMとDSM.001